三井住友銀行カードローンの端数の返済は小銭支払いできる?

三井住友銀行カードローンに限らず、ATMを利用して返済をするさいに札しか対応しておらず、小銭による返済ができないケースが多々あります。返済の途中であれば余分に支払えばそれだけ早く返済が済ませられますが、最終的に完済したい場合には端数分も返済しなければなりません。

三井住友銀行カードローンでの端数の返済方法としては、硬貨を取り扱うことができるATMを探すことです。実際のところ小銭に対応していないATMはコンビニのATMがほとんどで、銀行のATMでは硬貨による入金が可能です。三井住友銀行カードローンであれば、三井住友銀行の本店や支店の店舗が一番で手数料も発生しません。都会であれば三井住友銀行の支店は簡単に見つけられますし、インターネットでも簡単に探すことができます。
ATMでの返済が面倒という場合には、三井住友銀行カードローンに問い合わせて振り込むという方法もあります。ただ実際のところ手数料が掛かるので端数を支払うために端数に近い手数料が必要になる場合もあって、あまり賢いやり方とはいえません。
振込を行うぐらいなら口座振替にしておく方がお得で期日に自動で引きとされるので端数を気にする必要はありませんし、手数料も掛かりません。
なお、三井住友銀行おまとめを含めて1000円以下の端数の取扱についてはみなし返済という扱いであり、残債として記録されますが、金利は付かないルールとなっています。ただし契約を解除したい、完済した状態にしたいといった場合には、端数を含めて支払いを完了する必要があります。